栃木県の出張写真撮影

栃木県の出張写真撮影カメラマン依頼・予約19,800円〜

出張 撮影 栃木

当ホームページをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページではプロカメラマン(写真家・フォトグラファー)による栃木県内での写真出張撮影・ロケーションフォトサービスを案内しております。

 

当サービスでは、新生児写真(ニューボーンフォト)、お食い初め(百日祝い)、初節句、お宮参り、ハーフバースデー、ファーストバースデー、お誕生日会、七五三(753)を始め、幼稚園・保育園の入園式・卒園式、運動会、小学校の入学式、ピアノの発表会、ハーフ成人式(1/2成人式)、ハロウィン、クリスマス、ホームパーティー、年賀状、成人式、カップル写真・エンゲージメントフォト、結婚写真・フォトウェディング、マタニティフォト、ポートレート、新居・新築・引越し祝い、還暦祝い・長寿祝い(喜寿・米寿)、生前撮影(遺影写真)、ペットといった家族写真を中心に撮影させていただいております。また、屋外でのロケーションフォト以外にも、ご自宅や飲食店、スタジオなど屋内での撮影を承ることも可能です。

 

サービス内容、ご利用料金、その他情報につきましては、下記の当サービス公式ホームページにて詳しく記載しております。

派遣 カメラマン

 

お急ぎの方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

派遣 カメラマン 予約

 

≪地域情報≫

栃木県(とちぎけん)は、日本の都道府県の一つで、関東地方北部に位置する。県庁所在地は宇都宮市。県内には日光国立公園が立地し、日光・那須などの観光地・リゾート地を有する。

 

出張 写真 栃木

 

概要

関東地方北部に位置する県で、人口は約198万人。境界部に海岸線を有しない内陸県である。県内の地域区分は概ね宇都宮市、鹿沼市、下野市、真岡市、さくら市、日光市などを中心とする県央。小山市、栃木市、佐野市、足利市など国道50号沿線の県南。那須野が原に広がる那須塩原市、大田原市、那須町を中心とする県北に分類される。地勢は、北部から北西部にかけて奥羽山脈、日光連山、足尾山地が連なり、標高1500m - 2500m程の急峻な山岳が連なっている。これらの山々から流れ出る鬼怒川、那珂川、渡良瀬川等諸河川が関東平野の北端を形成し、更に北に進むと那須野が原に至り、県北の町並みが広がる。県土のほぼ中央に宇都宮市が立地し、人口は県全体の4分の1に当たる約50万人が集中している。そのほかは、県南の小山市、栃木市、足利市、佐野市、県北の那須塩原市が10万人以上の人口を抱えている。県南に人口の多い市が連なる。

 

地理・地域(日本、関東地方、首都圏・隣接県: 茨城県 - 埼玉県 - 群馬県 - 福島県)
茨城県や群馬県と共に北関東を構成する。人口は、約198万人で全国第18位、(本県に近い人口規模の県としては、岐阜県の約204万人、群馬県の約197万人、福島県の約193万人、岡山県の約192万人等が挙げることができる)。面積は6,408.28 km2で全国第20位(関東地方最大の面積)、東西約84 km・南北約98 km。県庁所在地の宇都宮市は、東京から約100 km、JR東北新幹線で約50分強の位置にあり、中核市の指定を受けている。地形的には東部の八溝山地、北部から西部にかけての那須連山・下野山地(高原山・日光連山・帝釈山地)・足尾山地の山岳地帯と、県中央部の那珂川・鬼怒川・渡良瀬川の沿岸平野部の3地域に大別される。

 

日光東照宮

日本を代表する世界遺産「日光の社寺」。その中でももっとも有名な「日光東照宮」は徳川家康がまつられた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたもの。境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並び、その豪華絢爛な美しさは圧巻です。全国各地から集められた名工により、建物には漆や極彩色がほどこされ、柱などには数多くの彫刻が飾られています。「眠り猫」の先にある家康公の墓所の奥宮に向かう道、東照宮から日光二荒山神社へ向かう参道など、強力なパワースポットが数ヶ所あると言われ、人気があります。

 

日光杉並木街道の歴史と現状

歴史
日光杉並木街道は、日光街道、例幣使街道、会津西街道の3つの街道からなる総延長37kmにも及ぶ、日本が世界に誇る並木道であり、国の特別史跡・特別天然記念物の二重指定を受けた貴重な文化遺産です。 並木杉は、徳川家の家臣であった松平正綱、正信親子2代により、1625年から20数年の歳月をかけて植えられ、日光東照宮に寄進されました。

 

現状
松平正綱、正信親子によって植えられた並木杉は、一説に5万本ともいわれていますが、現在では12,350本ほどになってしまいました。昭和36年に日光東照宮が並木の台帳を作成した当時の本数16,479本と比較すると、約4,000本が減少しています。その原因としては、台風などの自然災害や杉自身の老齢化もありますが、車社会の進展や街道周辺の開発による樹勢の衰えなど生育環境の悪化が指摘されています。もし、このままのペースで杉が減少し続ければ、近い将来杉並木の見事な景観が失われてしまう恐れがあります。